« プラド美術館展(国立西洋美術館) | トップページ | 国立ハンセン病資料館 »

2018年3月19日 (月)

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法(練馬区立美術館)

実はさほど期待していなかったが、なかなか面白かったぞ。サヴィニャックって人の名前なんですな。20世紀後半フランスでポスター画で活躍。
冒頭の「マギー・ポトフ・ブイヨン」で、もうつかみはオッケーさ。このブイヨンポスターのインパクトが全てを表す。どんなんかって? うーん、書いちゃおうかなもったいないけど。鍋のブイヨンのいい香りを目を閉じて嗅いでいる……牛! しかもオマエ下半身ねえじゃん。自分の下半身が煮込まれた香り嗅いでるじゃん。こう書くと陰惨な感じに思うだろうが、ポスターにゃ全くそんな雰囲気はなく、むしろほのぼのしてて温かい。この技巧がサヴィニャックの魔法だ。「デクーヴェルト/発見」も犬が目の前の犬の尻穴を覗いているが、それ自分のなんだ。しかも胴体が世界地図だ。これも傑作だお。
こっから一応経歴の紹介。小さい頃の写真などがあるが、まあどうでもいい。それより、おなじみカッサンドルに学び、助手もやっていたそうで、カッサンドル作品の「北部鉄道」とサヴィニャックのカッサンドル風「北部鉄道」がある。あまりにもカッサンドルだお。それから出版物いろいろ(あんまし見てない)。
で、ここからが展示のメイン「10の項目から見つめるサヴィニャックのポスター」ということでモチーフごとにまとまった作品群を展示する。最初は「動物たち」。牛がいて、そのお乳が下に落ちてそのまま石鹸になっている傑作「牛乳石鹸モンサヴォン」。同じように牛から牛乳発射で「ヨープレイト」。なんと日本の「としまえん」がポスター依頼していた。それが2枚。いすれもプールで動物もの。手堅くうまい。「チンザノ」はお酒なんだけど靴を履いたシマウマで、その縞も黄色と白だ……って書いたってわかんねーよな。実物を見たまい面白いから。階段を上がって「マギー・チキン・ブイヨン」これもまあ、鶏が鍋になっていて、その体液(?)を自分で飲んでる。「トレカ:ウールとスプリングのマットレス」マットレスからスプリングと羊が出てきた。
今度は人物「オトコの人、オンナの人」。オランジーナのポスター。へーオランジーナって本当にあるんだフランスに。今まで疑ってた。「フランス国有鉄道:半額料金バスで旅行を」これは人間が半分になっていることで表す。「カフェDYA:すばらしいアロマ」これも凄いよポットから出た香り高い湯気が、人の鼻にダイレクトイン! 「ギャラップ」という謎めいたポスター。これは二段階戦略。ポスター出して、しばらくして、何のポスターか明かしたんだって。他もいろいろ。
「働く人」ここでは働いている人いろいろだが、そこは商品の広告。ペンキ屋の店名をペンキで塗りつつあるとか、ガス会社の広告で、人がバスタブからこんにちはとか、種から育った花が、そのまま種の袋の絵とか(見なきゃ面白さが分からんな)。クレーンで作業着ごと人が吊されている作業着の広告(丈夫ですな)。分かりやすい。
「製品に命を吹き込む」。これは要するに製品の擬人化。新聞社の広告で新聞が顔になっている。「火事に電力を」手がプラグになっている奥さん。「パン・ジャケ」のパン君、「アネージ・パスタのパスタ君」。いずれも商品を使って。人を形作る。サントリー・ビールではビールの器とポット(?)が仲がいい。
「子供たち」はい、子供の出ているポスター。「森永ミルクチョコレート」ほほー、やってたんだ1958年。「クリームデザート モン・ブラン」子供が食っている……がデザートには見えん。カレーに見える。おフランスにはカレーライスはないのかね?
「指さす人」のコーナー。これは文字通り、製品はこれだ! と指す。「フリジェコ:良質の冷蔵庫」では、開けた扉からの冷気で半分凍ってますやん。でも特徴を見事表してますよね。
「自動車とその部品」コーナー、まあ文字通り。ルノーのお山の絵が目を引く。「早く! アスプロ」は、頭の中に自動車が通過。これはなんと、頭痛の鎮痛薬の広告。この表現は思いもよらない。次のコーナーは「タバコ」うむ、どれもうまそうだ。オレは吸わないが。次は「ピック」の広告群コーナー。ピックはボールペンで頭がボールになっていたりする。最後は「パリ」のコーナー。「セーヌ左岸高速道路反対」など、珍しくメッセージ性の強い作品もある。「ビルに気をつけろ」は文字通りビルが座って凱旋門を潰しているストレートな表現。
結構分かりやすく、フランス人のユーモアが感じられる。おすすめだ。
https://www.neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=201709181505718201

|

« プラド美術館展(国立西洋美術館) | トップページ | 国立ハンセン病資料館 »