« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月23日 (土)

ゴードン・マッタ=クラーク展(東京国立近代美術館)

えーマッタク知らん人でありまして。1970年代のニューヨークで活躍し、35歳でお亡くなりという人だそうです。使わなくなった建物をブッタ切る豪快な作品(ビルディング・カット)が売り。
それより近代美術館のこの手(現代もの)の展示は期待してよいぞ。なんたって展示空間からして凝っていることが多いのです。今回もそうなのじゃ。大空間を生かした非日常空間をドカンとやってくる……あと映像が多いんでまともに全部観るにゃあちと時間が要る。
 
最初からいきなりビルディング・カット。「サーカス」と名付けられ、シカゴ現美の隣の集合住宅を壊すんで、そこに丸い模様のカットを何ヶ所も入れちゃう。面白い。面白いんだけど、写真を見ても、分かりやすくはない。いや、だんだん分かってきて「おー」とは一応なるんだけどね。しかし、今回はそんなこともあろうかと(?)。模型を用意しましたぜ。早稲田大学建築学科 小林恵吾研究室が作成。おお、これで、いかにカットしたかが分かっと。それから「ウィンドウ・ブロウ=アウト」というプロジェクト。建物の出窓に、窓ガラスを割った写真を貼り、それで公開前日になって本当に窓ガラスをぶっ壊して主催者のヒンシュクを買ったもの……と解説にあったと思うが違うかな……? 今回どうも解説文が難解なんだが気のせいか? やってることはそんなに難しくないはずなんだが。単に文章量が多くて頭がオーバーフローしたのか? まあとにかくこれは写真だけだす。
 
えーそれから木のドローイングいろいろ。「ツリーダンス」というイベントの映像。木の上で生活するはずが、なんか許可が出なくて一日になったとか。ん、なんか木の上でいろいろやってる。そういえば葉がなかったから見やすいよ。それから、空き家の一部を切断して持ってくるというようなヤツがある。
 
んでいよいよ、建物切り。まず「スプリッティング」という、家をまっぷたつにするヤツ。作業中の映像があるが……なんかアートじゃなくてもう力仕事ですなあ。大変ですな。写真もある。しかし、明らかにこれは「現場が面白い」ものだと思うんだよね。なんとなれば、あの、模型もあるんです。「スプリッティング:四つの角」という建物を四分割したヤツの模型……え? 模型じゃない? 本物の一部? ……えーそうなんだ。それから、ここは既に大空間で。「壁=紙」っていう作品群があって、古い建物の味のある壁を写真に撮り、新聞用の紙に印刷してアート作品になるぞってもん。これ本物を1枚もらえるぞ。
 
それから「グラフィティ」関係の作品群。鉄柵の囲いなんぞ使って凝った展示をしている。ストリートのグラフィティ(文字の落書き)をモノクロ写真で撮って、プリントして自分で色つけちゃう。それから映像作品いろいろ。一番デカいスクリーンが「フレッシュキル」というもんで、走ってきた車がそのまま別の車(ブルドーザー)によってスクラップにされるという観てると意外とショッキング。そういえば、外に「ごみの壁」というゴミを集積させた壁状の作品があるが、ゴミにしちゃちょっと小ぎれいだ(ゴミだけど)。これを見て、都市とかゴミとか使わなくなった建物を利用とか、我が国のアートグループChim↑Pomを思い出す。こういうところから影響受けているのかな。それから何があったかな。「パリの土の下」とかいう覗き穴から見る感じの映像なんだけど、ぜんぜん一部っきゃ見てないんだけど、土木資料映像みたいでな。あとは「日の終わり」これは分かりやすい。デカい倉庫の西側に穴をあけて、太陽の光を呼び込む。穴の形が酒井抱一の月みたいでな。で、穴をあけるところの映像があるが、光が射し込んでくる様がなかなか神秘的でイイ。あとここは倉庫風の鉄板壁で仕切られていて面白いぞ。それから時計台で髭剃ったりするパフォーマンス映像。「オフィス・バロック」というビルティングカット。これも模型がある。大規模だよなあ。
 
「フード」というレストランの映像や資料があるが、これはアーティスト達がやっていたレストランという、それ以上でも以下でもない感じがする。「アート活動」としてやっていたんだろうか。「アート」としての食事では、かの折元立身が行った「おばあさんたちのランチ」が思い浮かぶ。そういえば折元もこの時代の、フルクサスなんかに源流を持っているんだよね。実のところ「アート」として意味付けできれば、食事だろうが何だろうか「アート」になるのだ。最後に「円錐の交差」というパリのビルディングカット。これも映像があるが壁に穴あけて大変そうですなあ。これでおしまい。でも書いてないこともいろいろあるよ。
 
面白いものであるのは分かるが、何しろ解説や映像などの情報量も多い。余裕を持って、じっくり行くとよいでしょう。
www.momat.go.jp/am/exhibition/gmc/

|

2018年6月16日 (土)

ルーヴル美術館展(国立新美術館)

肖像芸術で構成されとります。肖像ってやつは、それが誰か知らないとあまり楽しめなかったりして、それでもまあルーヴルだから、まあなんかそれなりのものが見れるであろうと、期待もそこそこに出向く。
半分ぐらいが彫刻で、古くはエジプトから。肖像の歴史を追うような形で展示されておる。

「マスク-肖像の起源」ってことでエジプトもの二つでスタート。一つは紀元前の木のマスクで、これはいかにもエジプトなんだけど、もう一つが2世紀後半のエジプト、テーベ出土の女性肖像画……って、なんか妙に写実的でうまいじゃないか。目に光の点々もあって、とてもそんな古いとは思えんな。

「記憶のための肖像」コーナー……なんたら文明の彫刻が多くてな、わしはあまり興味のないところじゃ。テーベ出土らしいとかいう、「第4アメン神官カミメン、妻メリトレと息子」こりゃいかにもエジプトって感じがいいですな。象形文字が味を出してますな……まあそんなところよ。エデッサあたりで出土とかいう「葬礼モザイクの3つの断片」は文字通りモザイクでの肖像。彫刻ばかりの中で風変わりで面白い。それから太陽光を反射させて顔だけ日焼けしたい人の像がある……ってのは嘘だが、「ボスコレアーレの至宝 エンブレマ型杯」は、そんな感じで、銀のデカい杯の中に頭が出ておる。お、絵画があるぞ。ダヴィッドの「マラーの死」ええええ、超有名なやつじゃん……って、なんか最近どこかで見たような気がするが。これ評判いいんで工房で同時代にレプリカを何枚も作っていて、やっぱしその1枚だってお。

「権力の顔」コーナー。はい権力者です。これも彫刻がずらずら。「トガをまとったティベリウス帝の彫像」うむ、なかなかデカいですな。よく持ってきましたな。でもあとにもっとデカいのがある。おっと肖像画、イアサント・リゴー「聖別式の正装のルイ14世」……うむ普通の絵画だ。フランチェスコ・マリア・スキアッフィーノによる代理石像「リシュリュー侯爵 ルイ・フランソワ・アルマン・デュ・プレシ」は……なかなか細かいですな。しかし名前がいちいち長えよ。山田さんとか鈴木さんとか、そういう短いのはないんかい。あーしかし知らんヤツばかりで退屈だ……というアナタに。いよいよ登場ナポレオン。みんな知ってる。やっぱこれだお。アントワーヌ=ジャン・グロ「アルコレ橋のボナパルド」おお肖像画だ。軍人にしちゃ迫力がもう少しほしいかな。グロが描いてもグロい絵ではない。それより隣のアンヌ=ルイ・ジロデ・ド・ルシー=トリオゾン「戴冠式の正装のナポレオンⅠ世の肖像」うむ、これの方が貫禄があってよい。皇帝らしい白マントだお。しかしそれより、クロード・ラメの大理石像「戴冠式の正装のナポレオンⅠ世」こいつは、さすがに彫刻にうといわしでも、おおおお、なんかすげえな、というシロモノ。デカいし、着物の布の質感ってんですかね、とても石に見えねえ。マントに昆虫がとまっているが何だろう(ミツバチらしい)。それから有名なアングルが描いた肖像「フランス王太子……(長いのでもうめんどくさい)」アングルらしいド写実。

「幕間劇Ⅰ 持ち運ばれ、拡散する肖像」ってことで、カメオとか宝飾みたいに小さいものを展示。暗い別室っぽい雰囲気で、なんちゅーか今回、展示室ごとに壁の色なんぞにも変化があって面白いですな。

それから、権威ある女性のコーナー。なんかベラスケスみたいな絵があるけど、うまくねえからフォロワーかと思ったらベラスケス工房だったでござる。案外元もこの程度だったりしてな。セーヴル王立磁器製作所が作った人気のマリー・アントワネット胸像あり。詩人とか文筆家、哲学者のコーナーで、イタリア出土の「詩人の彫像」がデカい。あといろいろいるが分からんな。「古代風の衣服をまとったジャン=ジャック・ルソー」あー、宗教改革やった人……いや、あれはルターだろ。哲学者のルソーね。40代までニートだったんだっけ?

「幕間劇Ⅱ」というコーナーではルイ18世の、嗅ぎタバコ入れの箱にはめ込む式の有名人の肖像コレクション。その日の気分に応じていろいろ変えられるんだぜ。

「コートとモード」のコーナー。まず男性肖像で、ボッティチェリの工房の「赤い縁なし帽をかぶった若い男性の肖像」が工房作ながらいい感じで。えー、あとは……女性肖像。ここで目玉のヴェロネーゼ「《女性の肖像》、通称《美しきナーニ》」さすが目玉で、いい感じの油彩肖像画ですな。品がいいですな。頬が赤いのがまたイイですな。レンブラント「ヴィーナスとキューピッド」これもなかなか。ヴィーナスのモデルが当時の内縁の妻だそうだ。そうか理想化されてない感じだもんな。それにしてもレンブラントの背景色って、黒じゃないんだよね、焦げ茶っぽいんだよ。確か他の絵もそうだったと思うぞ。ヴィジェ・ル・ブランの「エカチェリーナ・ヴァシリエヴナ・スカヴロンスキー伯爵夫人」美人画家にして美人描きのヴィジェ・ル・ブラン。エカテリーナさんの肖像で無難に美人。なんと隣に、ヴィジェ・ル・ブランをモデルにした胸像があるんだけど美人すぎだろこれ。それから誰の絵か分からんが「老齢の家庭教師」厳しそうなババアだな……って、なんでこんな絵描こうとしたんだか、それに興味があるな。それから子供を描いた絵。ゴヤがね、描いてんだよ「第2代メングラーナ男爵、ルイス・マリア・デ・シストゥエ・イ・マルティネスの肖像」子供子供した子供だー。なんだかんだで宮廷画家なんだよね。ちゃんと仕事してるじゃん。ジャン=フランソワ・ガルヌレの「画家の息子アンブロワーズ・ルイ・ガルヌレ」女の子かと思った。しかしこの、今時っぽい雰囲気は何だろう。それから自画像なんだけど、ちょっと毛並みの変わったヤツ。フランツ・クサファー・メッサーシュミット「性格表現の頭像」なんか渋面というかすげえ顔だな。しかしそれよりジョセフ・デュクルー「嘲笑の表情をした自画像」これがナイスだ。こっちに指まで突きつけて、何かセリフを言わせたいですな。絵葉書があれば買いたかったが無かった。最後はアルチンボルド。「春」と「秋」再会だよな。これで終わりだ。

派手な目玉のある展示ではないが、悪くない。部屋をいろいろ巡っている感じが面白い。
http://www.ntv.co.jp/louvre2018/

|

2018年6月 9日 (土)

Roots of Kawaii 内藤ルネ展(松坂屋上野店)

チケットをいただいたので行かせていただきました。かなりの点数が出ているにもかかわらず、会期が一週間しかない。なじぇだ? ウソでしょ? いろいろ巡回していて、東京圏でも前にどこかでやったとかやらないとからしいんだけど、とにかくこれがこんな短期間で終わっちゃあもったいない内容だ。
内藤ルネといえば、かつて弥生美術館で展覧会があり、行きましたよ、はい。でも弥生って資料展示的性質が大きいのと、場所もそんなに大きくない。作品全体を見るのと、現代とのコラボをエンジョイできるという意味で、今回の方がいい感じになっている。
あと今回は、復刻原画が多い。原画があまり残っていないので、印刷物などをもとに最新技術で原画を復元したもの(だったよな)。
 
最初の方からルネ・ガールの復刻原画が鮮やかかつファッショナブルに展示される。本人の言葉もパネルにあるが……おや、おねえキャラかな、という言葉遣い(本人は男だよ)。これはあとで理由が分かる。「ジュニアそれいゆ」なんかで活躍したルネ・ガールなんだけど、この造形と洗練は驚異的なものだ。いやぁ、だって、顔全体の大きさから見て、目の位置が異様に下だし、目が異様にデカい。首もバカ長いのが多い。それでいて不自然でなくカワイイと感じさせるんだぞ。並の技ではない。それにしても、時代がかった歌謡曲っぽいBGMが会場内流れ続けてる。良くも悪くもこういうのがデパート系展覧会だよな。
 
あと、当時の少女雑誌では画期的とも言える。男の子を出してきたのもルネだそうだ。もちろん健康的にね。その紹介。
それから文化学園とのコラボで、イラストの服を再現したものと一緒に複製原画を展示。この中にはかつて弥生での展覧会のポスターであった「雨の日も」がある。この絵はひときわ洗練度が高いよなあ。他も「ジュニアそれいゆ」表紙の数々は見度。服の再現は……んーまあ普通かな(それっぽい人形が着てはいる)。
それから、ミサコ・ロックスという人(漫画家らしい)が、ルネ作品をもとに描いた作品いくつか。ルネ・ガールの再現みたいなのがあるが……うーん、やっぱちょっと違う感じがするな。「あれ」はルネしか描けないと思う。あと、ピーチ・アビエーションという飛行機会社が、自分ところの旅客機にルネ・ガールを使用。すげえ。本当にこんな飛行機飛んでるのか。
「私の部屋」という、雑誌かな、そこに使われた女性像のイラスト。これはルネ・ガールじゃなくて、普通なんだけど。うーん、ルネ・ガールの方が生き生きして見える。ルネ・パンダ(見れば分かる)のグッズ展示があり、食器類なんかがあり、ゴシック風イラストあり。
 
ここで、えっ? と思うような展示。なんとルネは男性同性愛者の雑誌「薔薇族」に多くのイラストを描いていたそうで。知る人ぞ知る! 自らも同性愛者。時代が進んで認知されてきたとはいえ、まだ人知れず悩んで苦しんでいる多くの人達のために描いた男性像のイラストは、何ともセクシーで優しい感じだ。私はヘテロなもんで、真価はちょっと分からないんだけど、本人コメントなんか見ると、そういう姿勢で描いている。ルネ・ガールを始め、ルネの描く女性像が可愛いとかきれいとか素敵とかであっても、セクシーと違うのは、そういう目で見ていないという点があったわけだ。解説のおねえキャラっぽいのも、それ……なんだけど、男性同性愛者イコールおねえキャラではないので間違いなきよう。
この「ルネ・ボーイズ」については「薔薇族」編集長であった伊藤文學氏のブログにいろいろと書かれている。中でも、ルネのノートところは感動もので、ルネ自身も非常に辛い状況にあって、その辛さを忘れさせてくれる存在としてセクシーに健康的にボーイズを描き続けた。もう一つの偉大なルネの姿がそこにある。
あと女性像いろいろだけど、雰囲気として金子國義に近い。あの人も同性愛者だったかな。
 
会場を出るとグッズの販売はもちろん、原画まで売っている。
会期が短いが、巡回しているらしいが、どこをどう巡回するのかよく分からぬ。
https://www.matsuzakaya.co.jp/museum/ueno/rune_2018/

|

2018年6月 5日 (火)

夢二繚乱(東京ステーションギャラリー)

点数が多いだろうと思ったらマジで多い。しかも「夢二と出版」というコンセプトで印刷物も多いもんだからさらに多い。しかーも、クライマックスが最後にくる。
 
最初は「夢二のはじまり」コーナーで。若い頃の作品らしい。「月見」の美人は普通っぽいが、「芸者」なんて27歳ぐらいだともう夢二美人は完成しているようだ。「どんたく」という文章のない絵本がある。デザイン画っぽい、アルファベットで「DONDOC」だって。そうなのか? 北斎マンガっぽい「夢二エデホン」とか。やはり版画など印刷よりも水彩なんぞがよくて、「月の出」で浮かび上がる少女の顔などなかなかイケる。
 
「可愛いもの、美しいもの」コーナー。夢二美人の掛け軸とか。うーん夢二美人って、前は「貧血で倒れそうな」とか形容してたが、今見るとそれもちょっと違うな。どういう形容がいいのか、「キレがない」「ヌーっとしてる」「アンニュイ」まあとにかく夢二美人。あんまし萌えない。多分だけど、モテる人ほど夢二美人のよさが分かる。夢二がモテたしな。それより、意外な、というか知っている人には今更なんだけど、夢二はデザインが優れている。その千代紙模様というんですかね、「みなとや版」とかいう。それが並んでいて、なかなかいいセンスですなあ、という感じ。いや萌えない美女より、こっちの方が本業ってことでいいんじゃなかろうか。あとはうちわがあり、絵はがき「月刊夢二エハガキ」とかが大量にあり、しかしやっぱり原画がいい。印刷物よりもダイレクトだ。「かるた会」『新少女』口絵原画や「お正月」『少年少女』表紙原画とか。本の装丁もやってたんで、本がずらっと並んだりしてる。「春の鳥」の表紙を開いたところの……なんだっけ専門用語あるよな。ま、そこの模様も凝っている。階段を降りて、子供の雑誌の絵が並ぶ。中でも「手つなご」『コドモノクニ』大正11年12月号。富士山の周りを手をつないだ子供が回っている。おお、これは、そう、アンリ・マティスの「ダンス」を意識したと思われる。いや、そうに違いない。原画の「《童子》」も同じように手をつないで回っているが、こっちは覇気がねえ。
 
「目で見る音楽」コーナー。圧巻はセノオ楽譜大量展示。この表紙を夢二が手がけたが、とにかくバリエーションに富んでいるところは、非常に器用だ夢二先生。夢二美人だけじゃなく、水彩風景風、木版画風、スケッチ風、あと抽象画風まである。あとは夢二美人掛け軸。「早春第一枝」は実にはかなげだ。婦人向けの「婦人グラフ」もイパーイ。
 
そして最後『出帆』という新聞連載の小説の挿し絵134点。墨で描いた原画なので鮮やかだ。ここが目玉。ここがクライマックス。自伝的小説の挿し絵なんだって。なもんで、なんと年表と合わせた形で展示してある。普通年表はそれだけで出ているものだが(いつもほとんど見てないが)、今回は画期的スタイルだ。それにしても女性遍歴がパネエな。たまき、彦乃、お葉ときて、山田順子とな。どうしてそうモテるんだええ? あと、絵で描くと女性はみんな同じ顔のようだがの。似顔にしていないのだ。
 
十分な点数で夢二の活動を追うことができる。しかし好みとしてはデザイナー夢二だな。
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201805_yumeji.html

|

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »