« 中村忠二展(練馬区立美術館) | トップページ | 誕生100年 いわさきちひろ、絵描きです。(東京ステーションギャラリー) »

2018年7月23日 (月)

イサム・ノグチ - 彫刻から身体・庭へ -(東京オペラシティアートギャラリー)

超暑い……んで、駅から屋外に出ることなくアプローチできるところってことでここに。彫刻家だけど、知っているようであまり知らないし。フリーダ・カーロと浮気して、夫のディエゴ・リベラにピストル持って追いかけられたとか、そんな話しか知らんの。

最初は「身体との対話」ってことで、身体ものあれこれ。「北京ドローイング」という墨で描いた身体……墨じゃない? インク? まあいいや、どう見ても墨のドローイングがあちこちにある。東洋テイストですな。「中国人の少女」彫刻で全裸だが……そこのお前、これ見て、局部を作ってあるのかとか気になったろう。陰になってて見えんのよ(見たのかよ)。「歓びの日」という人体の彫刻。ウィリアム・ブレイクの有名な絵がモチーフらしいが、なにバックミンスター・フラーに贈ったですと? なんとイサム・ノグチはフラーと親友なんだって。えー初めて知ったぞ。フラーはバキバキのインダストリアル人間だと思ったが、こんな接点があったとは。「玉錦(力士)」おお関取だ。「ラジオ・ナース」はラジオだけど顔みたい……剣道の面かとも思ったがちょっと違うか。ちなみに来日してたんだって。それから舞台美術の部屋があり、舞台用の彫刻としては「鏡」と「化身」でいずれもインターロッキングスカラプチャという板状のもので立体を構成したもの。つまり2Dで3Dを表現ってとこですな。

次は「日本との再会」ってことで、2度目の来日についてで、既に有名人になってたそうです。ここはシュールレアリスティックで手堅い彫刻が並ぶ。あー、彫刻美術を鑑賞しているなあって気分になるであろう。この中で「こいびと」だけはちょっとカワイイ系でギャルウケもよさそうだ。あと「広島の鐘の塔」これは……シロート目にはなんか適当なシロモノに見えるぞ。その、ところどころくっついている白いのは何だ? 人間ドックのあとのバリウムウ○コか? あと「広島の原爆慰霊碑の習作模型」とか、慶応義塾大学の萬來舎(ノグチ・ルーム)のインテリア「萬來舎のためのコーヒー・テーブルと4脚のスツール」がなんとも感じいいですね。

その次にあかり(AKARI)の部屋がある。提灯もの多数な感じ。見てるとどこかで見たような気がするのは、インテリアショップなんかでも売ってるんだよね。イサム・ノグチデザインのあかりってことで。和室によく合いそうだ。それから「2mのあかり」というデカい提灯がある。これだけは撮影可能……撮らなかったが。まあこういうのをせっせと撮って一緒にブログに出しゃあ、もちっとアクセス数も増えるんでしょうけどねえ。美術鑑賞というのはだね、あくまでその場の体験なのだよ。写真に撮って見たってしょうがない。インスタ映えなどクソクラエじゃ。というのは建前で、本音は撮るのがめんどくさいの。

それから「空間の彫刻 - 庭へ」なんとバックミンスター・フラーが「庭は空間の彫刻である」なんて言ったそうで、イサム・ノグチも気合い入っちゃった。「プレイ・マウンテン」子供も遊べる広場だお。斜面があるんで冬にはそり、夏は水張ってウォータースライダーができるお……ええええ今日はえれえ外が暑くてですね、ドタマがぼーっとしてましてね、これを見ても、これ、もしかして全部コンクリートでできてるの? 石? 日陰じぇんじぇん無いじゃん、子供ら焼けちゃうぞ……ってな感想しか出ません。いや、悪くないんですよ。気候が悪いんであって。それから、なんかリストにはないんだけど「火星から見るための彫刻」だとかいう構想図? があって、顔なんだけど、これ火星にあった顔(みたいなヤツ)と似てるじゃん。お互い顔同士で見合っちゃって。それから「チェイス・マンハッタン銀行プラザの沈床園(サンクンガーデン)」の模型とか映像。竜安寺を意識して作られたんだって。映像は水張って涼しそうですな。それから「オクテトラの模型」おっと、これは子供が入ったり出たり上ったりできる遊具で、箱根の彫刻の森美術館にあったぞ。この幾何学っぽいところはフラーの影響なんだって。あと遊具といえば滑り台「スライド・マントラの模型」ぐるぐるだ。やりたい。

「自然との交流 - 石の彫刻」屋外向けの石でできた、ちょっとサイズのあるヤツラいろいろ。「空間のうねり #2」平面からもっこり、みたいなのは見てて楽しいぞ。「不死鳥 #1」ゴツゴツした石の一部をきれいにカッティングした作品。こういうのも面白い。「下方へ引く力」2色の長いヤツが丸くなっている。これ横浜美術館にあったな。同じようなのが。その他、ここも手堅く見どころだ。撮影できるヤツが一個あるぞ。よかったな蠅ども。あとリストにないイエール大学の写本図書館の沈床園の紹介がある。最後に高松空港のための石積み彫刻「タイム・アンド・スペース」の紹介。マジで石積んであるだけ。でもなかなか巨大だな。現場に行きたいもんだねえ。古墳みたいな感じかな。

形もいろいろ。見るものいろいろ。分かりやすくていいんじゃなかろうか。
https://www.operacity.jp/ag/exh211/

|

« 中村忠二展(練馬区立美術館) | トップページ | 誕生100年 いわさきちひろ、絵描きです。(東京ステーションギャラリー) »