« BENTO おべんとう展(東京都美術館) | トップページ | 加賀美健レトロスペクティブ(Parco Museum) »

2018年8月28日 (火)

芳年(練馬区立美術館)

こいつぁ日曜の午後に行ったのですが、午前中に映画「カメラを止めるな!」を見に行っていて、映像酔いのヘロヘロ状態がやっと治ってきたところで鑑賞したわけです。「カメラを止めるな!」は一応ゾンビもので、血がドバァみたいなところもあったりする。んで同時に芳年も血みどろ絵で高名だったりするという奇妙なリンクが成り立ったわけだ(だからどうってもんでもないが)

芳年に注目するというなかなかな企画。いつもとは逆の展示室順路で、3階左から入って2階はあとだ。年代順で最初は国芳の弟子になったあたり。15歳にしてもうかなりうまい。「文治元年平家の一門亡海落入る図」なんてもう3枚続きを任されているではないか。「近世侠義伝 盛力民五郎」で早くも血の気が多い……っていうか、国芳も結構血の気多かったと思うが。武者絵の国芳だし。それから戯画を意外と描いている。「於吹島之館直之古狸退治図」なんか妖怪もので、コミカルじゃん。あと将棋の駒もの戯画「狂画将基尽し」そうかこういうものも描いてたんだなあ。国芳も戯画得意だったしな。あとは役者絵いろいろ。似顔付き玩具で構成された戯画風の「正札附俳優手遊」うむ、3枚続きもある。

次がいよいよ芳年の名を知らしめた残酷もの錦絵「英名二十八衆句」。落合芳幾との共同作成なんで芳幾の絵もある。コーナー入口に警告文があって、残酷だが、それでも目を背けぬよう、みたいなことが書いてあるのだ。こりゃあスゲエぞ……と思ったが、午前に「カメ止め」を見ていたせいか割と普通に見れたりして、あと、有名なものは既に見て知っているのだ。で、その有名なものが結局のところ一番残酷だったりする。「英名二十八衆句」でヤバいのは展示終わりあたりの三枚「稲田九蔵新助」女を吊して斬っているヤツ。うむう残酷~ でも女の顔が浮世絵なんでそう生々しくはないですな。「直助權兵衛」顔の皮剥いでいるヤツ。「団七九郎兵衛」は血と泥まみれ。芳幾でがんばっているのは「邑井長庵」の頭に刀ザックリ。実のところ、あとは血がついてますっていう程度で、そんなに酷いものは無かったように思う。「清盛入道布引滝遊覧悪源太義平霊討難波次郎」が縦三枚続きでよい……とメモってあるが、ありゃ、どんなんだったかな? 「魁題百撰相」は戦場を見てきたリアルが反映されているというが……似顔集みたいでよく分からん。「一魁随筆」シリーズは武者絵でありながら結構繊細さが分かる傑作だべ。このあたりで芳年、精神がヤバくなったらしい。

で、精神の病を脱して「大蘇芳年」と名乗って調子もよくなった。「大日本略図会 第八十代安得天皇」は波のリアルであり、戦いでもあり。あと美人画も描いているが、画風からすると、江戸後期風の目がキツい美人で、今の感覚からするとちょっとアレかもしれない。「全盛四季 春」の花見美人もいいが、「全盛四季 夏」の風呂屋の女湯……って、なんでこういうものを描けるのだ? 見たのか? 「全盛四季 冬」は雪景色と美人ですな。

新聞錦絵を描いていた頃のが次に並ぶ。「皇国二十四功」シリーズは調子がよくてノリノリになってきたもんで、絵が近代イラストみたいになっているし、ポーズなんかキマっている。あのぅ、ストップモーションっていうんですかね。動作の瞬間を描くような、それが得意よ。「芳年武者无類」は顔をバッチリ見せないで、横向きとか、隠れてるとか、そんな演出をしたものらしい。「藤原保昌月下弄笛図」は有名な絵で、笛を吹いているが隙がない、というヤツで、実はこれ一番最初に展示されている。「東名所隅田川梅若之古事」は風景だが、水面に映る月が光線画っぽくて超リアル。こういうところが文明開化だし、近代版画に突入していて、さらに言うと、もうあまり「浮世絵」っぽくないのだ。「修紫田舎源氏」なんだけど、細かい模様の描き込みバッチリで、このあたりまだ江戸浮世絵技が残っているね。「曽我時致乗裸馬駆大磯」は太い水墨の馬が何ともイカす逸品だ。それから縦2枚続きの版画がイパーイ並ぶ。見てると名作揃いで、芳年はこの形が一番得意だったんじゃないかと思わせますな。「奥州安達がはらひとつ家の図」は妊婦を裸に剥いて逆さ吊りしている山姥の絵で、ヤバいんで当初発禁になったと。「芳流閣両雄動」は八犬伝もの。屋根の上での対決。国芳に同じ場面の絵があるが、芳年のはもう明治近代画の雰囲気。あと町に火をつけてはしごを登っていく八百屋お七を描いた傑作。タイトルは……あれ、どれかな……まあいいや、それもここだ。

階を降りて、まだ展示は続く。有名な「月百姿」シリーズがいくつか。こうして見るとやはり完成度が高いですな。「はかなしや……(長い)」は水面の反射だけで月の存在を分からせる粋な傑作だ。「源氏夕顔巻」の女幽霊もなかなか。あと孫悟空もあったよな。ストップモーションで。それから、意外なところで素描がある。なんと「骸骨」おお医学的にして現実的。あとは晩年になってきて、ここで美人画の傑作「風俗三十二相」。様相の江戸顔美人はちょっと見もの。あとは少ないながら肉筆がいくつか。「鐘馗」はなかなか迫力があって傑作ですな。肉筆でもイケるのに少ないのはもったいないですな。

いやボリューム多いですよ。十分ですよ。行ってみよう。8/28から展示替えなんで、いくつか違うかも。
https://www.neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=201805131526201032

|

« BENTO おべんとう展(東京都美術館) | トップページ | 加賀美健レトロスペクティブ(Parco Museum) »