« 横山崋山(東京ステーションギャラリー) | トップページ | カール・ラーション(損保ジャパン日本興亜美術館) »

2018年9月29日 (土)

ピエール・ボナール展(国立新美術館)

これから秋の大美術展ラッシュなんですけど、その手始めっちゅーか、そんなんで行ってきたのです。いや、ボナールって私はそんなに好みじゃないんだよね。でも行かないわけにもいかん画家である。

入るといきなり空間が広い。まずは「日本かぶれのナビ」というコーナー。ゴーギャンを師とするナビ派の中でもボナールはとりわけ日本好きだったそうで。そんな日本の、特に浮世絵のエッセンスを取り込んだ作品を多く描いている。「アンドレ・ボナール嬢の肖像」妹だってお。縦長の構図は掛け軸か、あるいは浮世絵の大判縦二枚摺か。赤いスカートは明治の赤絵かってとこですな。「砂遊びをする子供」これはモロに掛け軸風ですな。色も日本画っぽい地味な感じ。「白い猫」これが妙な猫でな、足が長くて首がないのじゃ。「乳母たちの散歩、辻馬車の列」は屏風風なんだけど、結構いいセンいってるじゃん。日本画の空間の取り方がちゃんとできている感じだぞ。これ見ると、ゴッホより日本美術消化してんじゃね? ゴッホはがんばって浮世絵の模写なんかしたんだけど、自分の描く絵は日本風というより、あくまでゴッホだったからねえ。「庭の女性たち」四枚組。ボナールの美人画としてみていいんじゃなかろうか。服の格子模様が平面的で、これが浮世絵版画風というわけです。装飾感にあふれておる。「「黄昏(クロッケーの試合)」も格子ドレス縦横ですな。それから小品が続き、「男と女」これはボナール(つまり自分)と恋人のマルトらしいが、裸じゃねーか。コトのあとか。絵を見るとあんまり明るい感じじゃないし、男女の間についたてなんかあって、あんまりうまくいってねーって感じがするが、この二人はいずれ結婚するのです。「ブルジョア家庭の午後あるいはテラス一家」一見普通のように見えるが何となく普通でない人々の絵。いや、面白いんだがなあ。この手だとどうしてもバルテュスを思い出しちゃうなあ。ヤツは強力だったからなあ。

それから「ナビ派時代のグラフィックアート」だそうで、ポスターとか。「百人展」の筆でササッと描いた感じなんて、これも日本画風かな。あと「ユビュおやじ」ものの本があるが……あれ、これってルオーがやってなかったっけ? 調べたらやっぱりルオーのが有名。でも当時一世を風靡した戯曲なもんで、別に誰がやってもいいわけだ。ただ、表紙だけで中身が見えんのだが。

「スナップショット」コーナー……って写真じゃん。写真なんか使ってスペース埋めやがって、とか思ったりしたが、なんとマルトのヌードいっぱい。これは後に描く数々の、有名な裸婦像のネタとなったようで、ボナールの裸婦像を知っている向きには、これらの写真はちょっと面白い。いや、だいぶ面白いな。ボナールの裸婦画がモノクロ写真になったみたいでな。実際は逆なわけだ。

それから「近代の水の精(ナイアス)たち」てことで、ここでおなじみ裸婦画がダダダっと……七つぐらいかな。「浴室の裸婦」は定番テーマ。「浴盤にしゃがむ裸婦」はなんとさっき見た写真が元ネタじゃん。がしかし、絵の方は写真を撮った約十年後に描いてんだって。つまり絵を描く時に、十年前のマルトのヌード写真を見ながら描いてた…………なんだかなあ、どう思いますぅ? 裸婦を描きたいからって十年前のカノジョの写真持ってきちゃって。じゃあ今のあたしはナンナノヨ、今のあたしじゃダメなのか? となりませんかね。こういう容赦ないところが芸術家じゃん。次の「靴をはく若い女」は裸婦だけで色合いも一番普通の感じの絵。他にも「バラ色の裸婦、陰になった頭部」なんてのもあるが、どうも見たところ……そそられませんな。なんでだ? 単にモデルを造形のモチーフとしてしか見ていないのか? それにしては冷たい感じはしないな。思うに、要はそれを描きたかったのでは? 肉体という温かくて、うねうね動いているものに大変興味があったと。だから写真を撮る時も動いてオッケーだったのでは(適当な解釈)。あと自画像が一つ「ボクサー(芸術家の肖像)」顔が赤くてヤバい雰囲気だ。

「室内と静物」コーナー。華やかなロココ時代において一人渋い静物を描いたシャルダンを尊敬している……のでシャルダン風の絵もある。「果物、赤い調和」とか。「猫と女性 あるいは 餌をねだる猫」は、ポスターにもなっているがボナールにしては落ちついた雰囲気の絵だな。「バラ色のローブを着た女」はいい感じの逆光。「テーブルの片隅」という絵が白い。平面っぽい絵だけど、平面的な印象を受けるし、こうなると抽象画モードの鑑賞もイケる。「(何が描いてあるか)考えるな、感じるんだ!」ってやつね。こういう場合は諸君、何が描いてあるか、あえて分かろうとしないことが肝心だお。

「ノルマンディーやその他の風景」のコーナー。ノルマンディーに行くようなりました。やがてコート・ダ・ジュールあたりのル・カネってところに住んじゃいます。ここでは大作「ボート遊び」がよいですな。やはり大きいと迫力が違う。風景だけじゃなくて人物が描いてあるってのがいいですな。自分がその人物になったように思うと、ボナールの風景の中にいるような気分になるようなならないようなで。

最後「終わりなき夏」ここも風景の大作ぞろい。「水の戯れ あるいは 旅」と「歓び」の2つは渋い色使いだが、依頼品で食堂用なんだって。なるほど。あとちょい神話的な画面が面白い。「にぎやかな風景」や「夏」いずれもボナールの色彩世界の下に人々がいて、何となくいい気分だぜっ。そして遺作「花咲くアーモンドの木」は、やはり遺作だけあって最後の力を振り絞ってなんとか絵になっている感じのもの。なんか府中で見たデルヴォーの最後の作品を思い出しちゃったな。

ボナールってどんな絵描いてたのってのが、一通り見れる。スペースにも結構余裕がありますな。この先混むのかな。そういえばJOJOの原画展もやってて、そっちは時間予約制のようで列をなしていたが。
http://bonnard2018.exhn.jp/

|

« 横山崋山(東京ステーションギャラリー) | トップページ | カール・ラーション(損保ジャパン日本興亜美術館) »