« 吉村芳生 超絶技巧を超えて(東京ステーションギャラリー) | トップページ | フィリップス・コレクション展(三菱一号館美術館) »

2018年12月16日 (日)

Chim↑Pom グランドオープン(ANOMALY)

ANOMALY(アノマリー)というギャラリーが新たにオープンし、文字通りグランドオープンの企画がこのChim↑Pomの「グランドオープン」なのです。この寺田倉庫ってんですかね、初めて行ったんだけど、それこそ入り口が倉庫で一瞬分からず、貨物用エレベーターで上がって4Fという妙なアクセスだ。

Chim↑Pomといえば先日イベント主体の企画「にんげんレストラン」を新宿歌舞伎町でやっていて……見落とした。だから高円寺の「道が拓ける」以来となる。広島上空に飛行機で「ピカッ」と描いてヒンシュクを買って幾年月、いや、私はあの作品嫌いじゃないよ。あれほど原爆の風化を突きつけられた作品はないからなあ。あれに憤る人も本当に憤るだけのモノを自分の中に持っているか? いやぁ持っている人は少ないと思うね。ともあれ、あれ以降、岡本太郎の「明日の神話」に原爆事故の絵をゲリラ的に付け足しとか、福島の汚染地での活動もあったけど、なんとなくだんだんスケールが落っこちてきてる感じもしないでもない。ただ、道を探っているのも確かで、きっと今に何かやってくれるだろうという期待はあるのだ。

で、展示は倉庫のアートスペースみたいなところ。おっ、オープンの花輪があるな。会場に入ると右側にアスファルトの道。目の前にベニヤ板に描いた「ファーストキス」……なんかしりあがり寿みたいな感じだ。ビデオ作品があるが、コントラストが低くて音声しか分からず車に乗っているらしいが何やっているかよく分からぬ。次、「ビルバーガー」。これは「にんげんレストラン」のビルで使われていたゴミというか残留物。要はガラクタをバーガー状に積んだ……ってゴミを積んだだけじゃん。近代美術館でゴミを集積して固めた作品を見たが、ありゃ誰のだっけな。「グランドオープン展」完成予想図というのがあって、ウェブサイトに出ている絵ですな。当然ながら絵と似ても似つかない。「にんげんレストラン」のドキュメントがあるが先客が居座っていてなかなか見れず。ユルいゴミ箱あり。「Chim↑Pomポートレート(青)」という絵があるがこれもユルい。部屋の隅に「原爆の残り火」……小さい炎だが、ここだけ空間が控えめだ。「Piss Building」コンクリートの固まりのようだが……オシッコを使っただと? シッコを作品に使うの自体は前代未聞でもないが、これは腐食感が高い。「Chim↑Pomのための公衆トイレ」……小さい陶器の便器が置いてあるだけに見えるが……廃水口の奥があるな。「Nice Park」ナイキの遊具じゃん。解説を見るとアディダス主催のグループ展に出したって。ナイキが命名権を獲得した公園のホームレス撤去問題にからめているそうだ。解説読むとホホーとか思う。黒デメキンの水槽。「マジックキングダムウォーター」今回一番エキサイティングだったのがこれ。なんか足場の階段上っていくんだけど、結構怖い。上がってディズニーランドで汲んだ水が瓶に入れて展示してあるが、そこもなんか油断していると下に落ちそうな感じで。しかもイルミでチカチカしてて、めまい起きそう起きたら落ちそうで中年にはハナハダ怖いです。いや面白かったけどね。

会場を出てもう一つ「Super Rat -Hollowed Out-」ネズミの巣みたいな塊にピカチュー風に黄色く彩色されたネズミの剥製。渋谷のネズミをおもしろ剥製にした傑作の最新版のようだ。で、最初に見たオープンの花輪をよく見ると、あれ思い切りChim↑Pomの手作りだ。鶴が串刺しだ。キッチュだっ。それから絵画や写真のスペースもあって(売ってるのかな)。前から知ってたけどメンバーのエリイがキリスト像にキスしている写真。いわゆる劣情を催す感じなもので、いいのかこれというヤバさがある。ここでふと折元立身の「パン人間」を思い出す。パンはキリスト教圏では特別な意味があるので、そこの人から見るとパン人間というのはグロテスクな存在なんだそうだ。そしてこれは日本人だから臆面もなくできる表現だと。このエリイのキス写真もそんなところがあるような気がするね。

ヤジウマとしてはChim↑Pomにはまた何か派手なコトを起こしてほしいと思っているし期待している。賛否両論上等で。
http://anomalytokyo.com/exhibition/chimpom-grandopen/

|

« 吉村芳生 超絶技巧を超えて(東京ステーションギャラリー) | トップページ | フィリップス・コレクション展(三菱一号館美術館) »