« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月26日 (日)

トキワ荘(落合南長崎あたり)

一ヶ月近くこのブログには何も書いてなかった。そりゃまあ、どこの美術館も閉まってしまって、もはや例のド穴場の光が丘美術館でさえも臨時休館。つまらぬ週末が続くでございます。「雑記」なんだから、別に何書いたっていいんだけど、特に何書く気もございません。ツイッターもやってるし。
不要不急の外出は避けましょうったって、ずっと家にいれば体力も落ちるし、気分もふさぐ。散歩ぐらい行かせてくれよ。自転車で行ける範囲にこのトキワ荘があるので行ってみた。何となく地図を見て見当つけて行ったら当然のように迷いまして、電車使ったら駅からの道を把握していくんだけどね、自転車だとついナメてしまう。

ここは「トキワ荘マンガミュージアム」として、今年3月にオープンするはずだったんだけど、コロナで延期。未だオープンの目処立たず。ちゃんと駐車場も何台分かはあるのにねえ。建物はトキワ荘の外観を再現していて、レトロな感じです。トキワ荘と言えば手塚治虫を始め、藤子・F・不二雄、藤子不二雄A、赤塚不二夫、石ノ森章太郎などが若い頃集って住んでいたところでつとに有名。日本のマンガ文化はまさにここから始まったという聖地と言ってもよい。中はどうなっておるのでしょう。ホームページを見ると、1階は展示空間で、2階は部屋の再現のようだから細かい部屋がいくつもあるみたいなんだが、客が多けりゃ密な空間になっちゃって、今時なら警戒しちゃう。でも私は再現空間とか好きでね。明治時代の洋館とかあるじゃないですか、ああいうところ行くのなかなか好きだぞ。トキワ荘の各部屋が再現されているなら行ってみたい……ん? 畳の部屋に土足じゃあるまいな、と思ったら、これもホームページを見たら玄関で靴脱ぐっぽい。これもイイネ。
003a
建物があるところは「トキワ荘公園」という児童公園で、そこには漫画家諸氏を紹介するプレートあり。その上に、トキワ荘のミニチュアが乗っているんだけど、再現したものとそっくりですな(当たり前だが)。
005a 006a
それから近所のゆかりの地を紹介する地図があります。いやー、これで町おこしと期待していた矢先のパンデミックが痛恨だ。
011a
自転車で走っていると、商店街はそこそこ生きている。スーパーはやっている。床屋や美容室もやっている。スイーツの店やら花屋も割とやっている。レストランとかはやっていたりいなかったりだが、テイクアウトができるところはがんばって営業中。意外なのはラーメン屋でテイクアウトができないけど、結構やっている。いや、これはもう状況が厳しすぎて必死の営業という感じもするが。あと本屋もやっていたりいなかったり、ブックオフ開かないかな。

日々コロナの明るいニュースがほとんどない。治療法でもワクチンでも、早くできないものかねえ。早く収束してくれ~い……
https://www.tokiwasomm.jp/

|

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »