« 染井霊園 | トップページ | 神田日勝 大地への筆触(東京ステーションギャラリー) »

2020年5月31日 (日)

「物語の庭 深井隆」(板橋区立美術館)

コロナ第一波がおさまっているようないないような状態で、いよいよ東京も自粛していた美術館が復活! 第二波に襲われる前に見ておこうぜっ……いや第二波なんぞ来ないでほしいんだが。
この美術館はリニューアルして、実は初めて行きました。前のちょっと古い感じの展示室が、バッチリホワイトキューブになっていた。うーん、現代的になっていい感じじゃん。コロナ予防でスタッフはフェイスガードを装着。客は……少ない。今日から始まったばかりだし。
駅から遠くてアクセスがアレなんだが、今日はコロナで最近やたら乗るようになった自転車を使用。家から50分ぐらいかかるんだが、いい運動になる(帰りはさすがに疲れたが)。美術館に自転車置き場……がないじゃん。しゃあないんで隣接の公園に置いておいた。

深井隆。知らなかったが、彫刻家。彫刻はそんなに見ないんだけど、何しろここんとこの自粛で美術展に飢えてますし、でもよかったですよ。彫刻作品というより、展示空間にテーマがあるインスタレーションという感じ。空間演出がいい。撮影可能。作者手描きの解説コピーももらえる。

入ったところの空間。「栖」シリーズ……って、これ何て読むのだ? 木へんだから、何かの木だよなあ、と思っていて、帰ってから調べたら……って実はこれ書いてる時なんだが。「すみか」って読むんですって。なるほど、モチーフは切り妻の家の形なんだよね。それがいろいろ演出をかけられている。水色の家が水色の台に乗っているのとか、金色の小さいのがいくつもあるとか、あと一見オベリスクっぽいんだけど、上に乗っているのがこの家だとか。そうっ、この家の形、ちょっとワクワクするんだよね。何でかな。ボードゲームのモノポリーってありますよね。あれに家やホテルとして、この形状が使われてる。なんか楽しいよなあ。あと家の形のチョコレートケーキなんてのもありましたな。今でもあるのかな? とにかくこの形状に目を付けたのは面白い。

右の展示室へ。「月の庭」という展示空間となる。円形のもの、あと馬、木……っと、馬に足がない。切断されている。でも壁の馬の絵を見るの、足はあるよ。何か水に浸かっているような感じか。でも床はそのまま。ただまあ、足が切断されていると、ダックスフントみたいな印象が出てくるね。ちょっと愛嬌があるみたいな。あと「木」という作品。これがなんかすげえんだ。分岐する木の幹なんだけど、多分太い柱から削りだしてわざわざ木の形状を作っている。木を削って木を表現する。うむ、やるな。
さらに奥。「月の庭 - 月に座す -」。また足4本切断された馬がいる。あと金の鉛筆みたいなものが立っている。
どちらの庭も、なかなか詩的な空間になっていてイね。庭感覚で歩き回ってヨシ。

中央を挟んで反対側の展示室。椅子が並んでいる、座れない。まあそりゃ彫刻作品だし。背もたれとかに翼がついているが、椅子の上にいろいろなものも置いている。リンゴとか、本とか……これ材木一つから椅子とか本まで一緒に削りだしたのかな? うーん、よく分からないけど、隙間が見えるからあとから置いていると見える。でもあくまで一本から削り出すのにこだわるアーティストいるからねえ……なんつったっけ専門用語で……ええと調べたら「一木造」ですか? なんか仏像用語らしいんだが。えーそれから「王と王妃」みたいに二人で一つ、みたいなもの。どの椅子も翼付き。この翼がまた、無駄にたくさんあって、それはそれで楽しい。この印象はなんだろうと思っていると、ふと思い出す、ケルビムという天使ね。赤ちゃんっぽいが、翼が多い。翼にくるまれているみたい。ええと、調べたら別にあかちゃんでもないな。あとセラフィムというのもいる。どっちも大天使より階級が上なんだじぇ。それにしても空気力学とか運動学とかを全く考えてない無駄に生えてる翼ですなあ。飛べる感じが全くしないんだが。いや、まあ、その翼は象徴なんだよね。

その奥の展示室。「青空2020」という空間。クラインブルーみたいな翼の造形の彫刻。大きな魚の尾鰭にも見える。椅子の展示室から、こっちに来ると、ちょっと驚きががあるよね。色のインパクトが結構あるしな。

それからもう一つ細長い展示室があって、「円形の庭 -覚醒-」と「幻想の闇より」、いずれも長い棘というのかな、そんなのが上に向かって生えたようなもの「幻想の闇より」はベッドから生えている。うん、確か、古代生物とか、深海生物にそういう感じのがいた気がするし、あれを見ると、結構同じようなインパクトを受ける。

こうしてみると、深井隆の彫刻は、家とか翼とか足のない馬とか、まず感覚に訴える形をモチーフにできているので分かりやすいぞ。空間もいいしね。
https://www.city.itabashi.tokyo.jp/artmuseum/
Kc4i0027a_20200531102101

|

« 染井霊園 | トップページ | 神田日勝 大地への筆触(東京ステーションギャラリー) »